FC2ブログ
071234567891011121314151617181920212223242526272829303109

滝原温泉のホタル

前回の仁平寺の後は滝原温泉ほたるの湯に泊まった、100m程度離れた上流堰の所で乱舞が見られ1時間ほど眺めた---
8時ごろには乱舞が始まっており、9時頃には姿が消え始めた
滝原温泉のホタル
【 2018/06/04 】 個人での旅行 和歌山 | TB(0) | CM(1)

仁平寺の紫陽花

仁平寺は稲村の火で有名な和歌山県有田郡広川町より約10km和歌山市寄りの有田市にある、現在は無住で小さな寺ですが紫陽花はいっぱいで駐車場もある。

P1010051.jpg

P1010058.jpg P1010048.jpg

P1010047.jpg P1010045.jpg
【 2018/06/02 】 個人での旅行 和歌山 | TB(0) | CM(2)

加太の眺め

紀州加太国民休暇村は標高約100、夕陽と加太港の絶景を眺める。
S1310116-1.jpg

B1310087-1.jpg
【 2018/02/02 】 個人での旅行 和歌山 | TB(0) | CM(1)

那智勝浦の散策

那智勝浦と言えば青岸渡寺と那智の滝、本州最南端の近く夜空には星が輝く
BC260019-1.jpg

約1時間で250枚の撮影を合成、中心が北極星
output_comp-1-1.jpg
(2017年12月26日)
【 2018/01/04 】 個人での旅行 和歌山 | TB(0) | CM(1)

串本を散策

串本は本州最南端の町、橋杭岩が有名で見事な綺麗さに岩が並ぶ、又、海中公園と水族館がある。
BC260002.jpg

綺麗な魚達が泳いでいます、クリックしてね。


餌の取り合いをしてます。
BC270815-1.jpg
【 2017/12/28 】 個人での旅行 和歌山 | TB(0) | CM(2)

根来寺の紅葉

今日(30日)曇天の中を根来寺へ、思っていた以上の紅葉並木が---道も川辺も落葉で----綺麗だ---

SB300028-1.jpg

SB300013-1.jpg

SB300025-1.jpg

SB300007-1.jpg
【 2017/11/30 】 個人での旅行 和歌山 | TB(0) | CM(2)

生石高原へドライブ

和歌山県海草郡紀美野町の生石高原(おいしこうげん)は標高870m、レストハウスの前も人だかり(1枚目の写真)、駐車場も完備、又の機会があれば夕陽の頃に訪問したいな---
最後の写真は太陽に向かって撮っています。

PB010040-1.jpg

PB010039-1.jpg

BB010075-1.jpg PB010070-1.jpg

BB010019-1.jpg BB010020-1.jpg

BB010006-1.jpg SB010002-1.jpg
【 2017/11/01 】 個人での旅行 和歌山 | TB(0) | CM(3)

「あらぎ島」の棚田

残暑の中、秋を求めて和歌山県の有田地方へドライブ、棚田で有名な「あらぎ島」へ行った、展望台より眺めた段々畑、そして道を隔てれば真っ青の空には秋桜と蝶が舞う、彼岸花に囲まれた畑では---

21C-9210005.jpg

21a-9210002.jpg

21a-9210029.jpg

S9210073.jpg

21D-9210100.jpg
【 2017/09/21 】 個人での旅行 和歌山 | TB(0) | CM(4)

南部(みなべ)梅林と夕日

午前中(2月16日)には白崎海岸へ(前Blog)では快晴であったが、梅林に着く頃には曇天となり、写真は冴えない、でもその後に沈む前の太陽が綺麗と思いシャッタを---- 水平線に沈むのを撮りたかったが又も雲に邪魔されて----

01P2160049.jpg

02S2160030.jpg

02B2160068.jpg

B2160071.jpg
【 2017/02/20 】 個人での旅行 和歌山 | TB(0) | CM(5)

白崎海岸

和歌山県由良の白崎海岸は白い石灰石の岩礁で、戦前は石灰鉱山があったとの事、今は駐車場、トイレ、キャンプ場と売店もある。  先日まで寒さで震えたが本日は快晴で車のクーラーも活躍、訪問者も沢山とは言えないが---でも夏はすごい人出でしょうね。

本日は助手の写真が半数で、伝助のはどれだったかな---

S2160009.jpg

P2160011.jpg

P2160015.jpg

S2160018.jpg

石灰岩の海岸を抜けてすぐの海岸です。
P2160041.jpg
【 2017/02/17 】 個人での旅行 和歌山 | TB(0) | CM(4)

南紀白浜三段壁など

南紀白浜と言えば三段壁が有名で何度も行ったが、洞窟を見るのは初めて、エレベーターで地下36m迄降りる、地下と言っても海水面ではあるが----洞窟は平安時代の源平合戦で熊野水軍が船を隠した場所とも言われている。
1-310021.jpg 1-310063.jpg

地下36mの洞窟より外を覗く、洞窟は一周が約200mと言われ、何箇所か波を覗く事が出来る。
1-310018.jpg

洞窟内に水の神様が祀られている
SA310031.jpg SA310032.jpg

あいにくの干潮であったが、洞窟内は押しては引く潮の流れで音を立てて波がぶつかる、その迫力は時を忘れる。
1-310102.jpg 1-310081.jpg

夕日が円月島の中に沈むのを撮りたいが、生憎の曇天、然し翌朝ホテルの窓から雲海とは言えないが素晴らしい景色
1-310078.jpg 1-010132.jpg




【 2016/11/01 】 個人での旅行 和歌山 | TB(0) | CM(2)

本州最南端へ

四月から小3に成る孫を連れて、潮岬灯台、太地の鯨、そしてトルコのエルトゥールル号海難1890の記念館へ

朝日に照らされる紀伊大島と橋杭岩 28日6時12分
IMG_8996_1.jpg

鯨の凄いジャンプ力、ワッパ探しも任しとき
1-8903.jpg 1-8884.jpg

トルコ記念館にはエルトゥールル号遭難から日本との友好がぎっしり展示----付近の道路と駐車場など綺麗に整備されている
IMG_9018.jpg IMG_9015.jpg

樫野碕灯台は1870年に初点灯、石造り灯台としては日本最古、現在も自動点灯の無人灯台として現役である。潮岬灯台の写真は割愛
IMG_9024_201603310929216ed.jpg
【 2016/03/31 】 個人での旅行 和歌山 | TB(0) | CM(2)

加太を散策

体力低下の抑制に某歩こう会に参加、加太駅から砲台跡の標高120mの坂道を歩き、往復16,000歩

01-8184.jpg 01-0653.jpg


手前が沖ノ島、そして友が島、遠くは淡路島
01-8199.jpg

加太漁港に向かう漁船
01-8177.jpg

砲台は撤去されているが、写真の場所には2門が、同様場所が計3ヶ所と6門、紀伊水道から大阪湾に進入しようとした敵艦船を---
01-8200.jpg

砲台の地下には砲弾が保管されたと思われる部屋が
01-8192.jpg 01-8194.jpg
【 2016/03/17 】 個人での旅行 和歌山 | TB(0) | CM(1)

高野山の火祭り

毎年3月の第一日曜日に高野の火祭りが執り行われ、12時30分に始まり 約2時間 霊場開きと招福厄除を祈願する、甘酒、うどんなどが振舞われ美味しく頂いた。

01-7690.jpg 01-7764.jpg

01-7784.jpg

IMG_7815.jpg

01-7844.jpg

01-7882.jpg IMG_7981.jpg

【 2016/03/07 】 個人での旅行 和歌山 | TB(0) | CM(2)

高野山の水行

標高800mの高野山は平地に比べ5℃は低い、雪が残り、水壺から溢れる水も凍りつく、そんな中で水行が、流れる水は凍りはしていないが零度近いとは推測できる、表情を変えずに川に入り、軈て座りお経を唱える----( 2月9日)

IMG_6161.jpg IMG_6160.jpg

IMG_6166.jpg IMG_6216_20160217070906727.jpg

IMG_6235-2_20160217070907832.jpg IMG_6285_20160217070909de1.jpg
【 2016/02/17 】 個人での旅行 和歌山 | TB(0) | CM(0)