061234567891011121314151617181920212223242526272829303108

日没と飛行機

先日は日没と飛行機の共演を撮れずで、本日は(7月20日)雲がありで撮れるか心配の中で再挑戦--18:58分と19:05分の2枚、僅か7分で太陽は大きく沈む--
20-1-7200017.jpg

なぜ太陽に模様が、露光が多いと黄色が多く、露光が少ないと真赤になり、その中間付近かな--
20-1-7200021.jpg

夕刻の関空

久しぶりに関空と夕陽、本日の日没は19時10分との事、最初の写真は19時4分で、飛行機さんもう少し低く離陸してほしいね(撮る側目線ですみません)
19-1-7190029.jpg

沈むのは早い、前の写真の一分後、飛行機が離陸してくれませんので沈みつつありの太陽(関空の南端、燃料タンクヤードかな)
19-1-7190042.jpg

太陽と反対側の空を見上げると夕陽に照らされた飛行機を発見
19-1-7190051.jpg

緑化センター

10日以上もLogをさぼりました、本日は和歌山県植物公園緑化センターへ、10haの広大な地に熱帯植などの他に子供が遊べる場所も--入園&駐車場も無料--本日は蓮が目当てでしたが---

16-2-7160001.jpg 16-1-7160030.jpg

16-1-7160024.jpg 16-1-7160018.jpg

16-1-7160027.jpg

16-2-7160005.jpg

16-1-7160011.jpg

関空ゲートタワービルより--夜

昨日は昼の写真を載せたが、やはり夜の方がと---再度夜に出動した。
撮りたい西面は?とレストランを覗くと既にお客さん、西面を狙うには予算と予約が必要かな---今回は予算なし、南窓のエレベーターホールより撮った、斜め西には飛行場--然し5kmも離れている、次回は望遠を持参で撮るかな---

昼間は13階でしたが、夜は25階で一寸角度が異なります。
6-30-2-6290025.jpg

上の方でちらちらは飛行機の離陸で右翼と左翼に付いた灯かりかな?---シャッターは0.5秒---
6-30-6290029.jpg

関空ゲートタワービルより

関空ゲートタワービルは超近場で何時も眺めながら素通り、今日はビルから夜景が撮れないか?とロケハン、何階に何があるやらさっぱり分からず、適当にエレベーターのボタン---何故か13階を押した、そのにはカルチャースクールのオフイス--一寸お邪魔すると南北西に窓がある、然し17時に閉店との事で夜景は撮れない--曇天の昼間ですが---
関西空港も遠くに見える高速道---夜景を撮りたいな---観覧車のある南面はどの階でも見れる、西面、北面の見える階はどこなのか?

6-29-6290016.jpg

6-29-6290017.jpg

6-292-6290019.jpg

我が家の庭で

雨のお陰で花は元気

1-6250038.jpg

1-6250043.jpg

1-6250037.jpg

蛍撮りに挑戦

我が家から20㎞程度、貝塚市を流れる河川の上流へ出かけ7時過ぎより準備、蛍は午後8時から9時ごろがピーク、どのように撮るか、シャッターは10~30秒程度の為に三脚が必要、フォーカスは手動、でも真っ暗で合わせられない、カメラと背景の距離と思われる同等の距離を離れた街路灯を頼りにMFで合す、カメラの設定を見るために超小型ボタン電池のLEDを灯すと付近が暗いため眩しすぎで、蛍に迷惑と直ぐ消す、結局 F2.8 20秒 で40枚撮影で蛍が飛んでいそうな16枚を合成した。
6-20-.jpg

星を撮るのも難しいが、それ以上に難しい、フォーカスを合すのが、懐中電灯が蛍に迷惑で使えない

樫井川の花と電車

富士山と花の旅もあと少し残っているが一寸中断させて頂き、伝助の庭の様な樫井川、その樫井川には黄色い花が一面に、そこに和歌山行の南海電車が走り、鳥も気持ちよさそうに初夏の陽を浴びている。
2-5200002.jpg

1-5200014.jpg

1-5220053.jpg

泉南市のバラ園

昨夜からの雨は昼前に上がり、赤いバラ、黄色いバラ、橙色のバラと色どりどり、どのバラも雨滴を含んで輝きを増している、嬉しそうだ。(5月13日昼頃)

見ごろなどはクリックしてね⇒⇒ バラ園の詳しくは

1-5130012.jpg

1-5130050.jpg 1-5130036.jpg

1-5130052.jpg 1-5130019.jpg

1-5130067.jpg 1-5130025.jpg




夕陽に魅せられて

何時も通る交差点、信号待ちで止まると、そこには真赤な夕陽が、当日はカメラの持参がなく、翌日に撮りに、そこには太陽にカメラを向ける姿があり、その姿があるのが良いのか、無いのが良いのかと思案したが、太陽が沈むまで姿が消える事がなかった.
1-4240008.jpg

太陽と風に魅されて

昨日(4月22日)夕刻も一寸雲があるが真赤な太陽、スマホを太陽に向ける人、ただ眺める人、太陽を眺めながら釣りを楽しむ人、そして風が強くウインドサーフィンを楽しむ人---関空対岸では様々なドラマがある。
1-4220004.jpg

1-4220003.jpg

1-4220019.jpg

月と桜

先日は日本中を駆け巡った春の嵐、桜も終わったかなと思ったが、遅咲きが残っていました、昨日(4月20日)の朝方に月と仲良くの所を---
2017-4-20.jpg

九度山の鯉

高野山への入り口で九度山町を流れる丹生川と紀の川の合流点近くの空に鯉が元気よく泳いでいる、直近には最近出来たと思われる大きく綺麗な道の駅があり、そこに駐車させて頂き、桜と鯉で見事な眺め----

1-4130105.jpg 1-4130098.jpg

1-4130099.jpg

1-4130041.jpg

桜が満開の山中渓

山中渓とは大阪の天王寺から和歌山への中間あたりで各停の駅がある、昨日は(4月9日)は久々の天候に恵まれ訪問した。
普段は無人駅と思われるが、花見での下車が大勢、駅員さんも2名でも忙しそう、伝助も入場券を買って構内へ---

22-4090001.jpg

2-4090047.jpg

2-4090062.jpg

2-4090094.jpg

2-4090188.jpg

童心に戻って

岬公園でタイムトンネルに入り童心に戻った(4月2日大幅遅配)、イルカはかしこいね。

1-4030112.jpg

1-4030168.jpg 1-4030177.jpg

1-4030225.jpg 1-4030240.jpg