121234567891011121314151617181920212223242526272829303102
月別アーカイブ  【 2015年01月 】 

超簡易赤道儀を作るーその2

前回は24時間モータータイマー上に単にカメラを乗せたが、一寸改良を加えた
1)タイマーがカメラの荷重に耐えられる様にベアリングを組み込み(ラジコンヘリに使っていた遊休品)
2)自在雲台を奮発(¥2,800)方向を自在に可変
3)水準器を付けて北極星の上方角度である34度に成るように台を工夫した
4)方位磁石の取り付け(我が地は磁石方位の東寄り7度が真北である)
5)移動を想定して商用電源でなくインバーターを使った(手持ち品)実測すると58HZでタイマー仕様との差で3%の追尾誤差が生じる
--------------------------------------------------------------------------------------
写真:左--蝶ネジを緩めると雲台毎カメラはワンタッチで外れる---右は星座撮影中で街灯が明るい、下の赤ランプの点灯はインバーターである。
DSC01566XX.jpg DSC01570.jpg


----------------------------------------------------------------------------------------
カメラNEX5T 両写真はF5.6 10秒 ISO800 焦点50mm(35mm換算75mm)、1分間隔で5枚、5分間の写真、1月13日22時過ぎに概ね南方位で撮影、(尚 明るい街灯の下の撮影、両者共撮影後に明るさ&コントラストなど調整、バックも少し青に)、又 北側は住居であり、北極星を見る事は出来ずで水準器と方位磁石を頼りに撮る。

赤道儀の様子を見るために態々時間を掛けて撮った、前方向に住宅があり、広角で撮れずである
----------------------------------------------------------------------------------------
赤道儀の電源OFFで固定撮影、星が1分間隔で5回映っている---暗い星は映らない
output_comp143155 (1)
---------------------------------------------------------------------------------------
赤道儀の電源ONで星を追従撮影、星は1つに見える、暗い星も浮き出る、左上にオリオンが--
残念ながら光害か空は明るく星はくっきりとしない、でもまずまずの映りで満足
output_comp127139 (2)
---------------------------------------------------------------------------------------
1)赤道儀を使わない場合は焦点fmm×時間secを500以下で撮らないと星が流れると先日Blogで教わった、今回自作赤道儀でf75mm、時間300秒で22,500と45倍もあるがまずまず撮れている、直接見えない星も写真では--
2)このタイマーは電源ONで3分間は働かない為にそれ以降で撮影した。
3)タイマーは60HZ仕様であるが、インバーターの実測値は58HZで追尾精度に影響している。

いい勉強に、脳の活性化に貢献できた、更に小型化&精度向上には---光害の無い綺麗な場所で綺麗な星座を撮りたい。
【 2015/01/14 】 カメラ 赤道儀 | TB(0) | CM(6)