0312345678910111213141516171819202122232425262728293005

マルチコプターで空撮

伝助がマルチコプターを入手して2年近く成る、最近は不届き者の飛行で有名になりドローンと呼ばれ、ラジコンで楽しむ事が難しく成る事を危惧する、ドローンの話をすると必ず聞かれるのが、「どのぐらいの距離まで行けるの」「何分ぐらい飛行できるの」---
距離も時間も条件次第で異なり、墜ちても大丈夫な場所、そして法と倫理に反しない飛ばし方で楽しく。

飛行距離と時間などは--
1)仕様書では飛行距離500mなど記載があるが、雑音の無い場所での話,我々の声も静かな場所では100mは届く,喧しいと5mでも聞こえない、電波も市街地では雑音いっぱい、ビルの陰では届かない。
2)電池は飛ばし方、新しいのと古いのでは飛行可能時間が異なる,十分な余裕で、出来れば手元で電池残量が判る設備を
3)機体の姿勢、向きが判る範囲で飛行、夜間飛行はしない。

最初の写真:黄色い風船状は遠くでも向きを判りやすくする為に付けた、カメラ(ソニーWX350コンデジ)の上下角度は遠隔操作できる。
この機体は250m程度で見えにくく成るが、GPS搭載でスイッチ一発離陸した場所に戻る、飛行可能時間は10分(電池残量20%の余裕を持って)
DSC0245-2.jpg

ラジコン仲間と紀ノ川河川敷で飛ばす、写真高度は80m(手元で高度、距離、電池残量などが判る仕組みを搭載)
離陸場所より西の方向が見る、動画で撮影して静止画切り取り
MAH023161-2.jpg

北の方向
MAH023164-2.jpg

東の方向
MAH023162-2.jpg

一般にドローの性能は飛行範囲30mと、飛行時間3分などの玩具程度の機種~GPSで設定通り遠くに飛ぶ業務用など様々
では又ね--
【 2015/05/31 】 その他 | TB(0) | CM(6)
興味津々
こんにちは
大変興味があるのでじっくりと拝見させていただきました、続編を期待しています
へー自動で帰るんですか拍手拍手です
【 2015/05/31 】 編集
じっくり見て頂きありがとうございます。

そう伝助のドローンはGPS搭載で離陸場所を覚えています
GPSがあれば風にも流されません、強風は別ですが、無理やり手で持って引っ張ると凄い力で反発して
元の場所に戻ります。

続編は何が良いのか??
【 2015/05/31 】 編集
こういうのも写真としては面白いですね。

電波が届く距離ですかぁ~・・・

昔アマチュア無線をやっていましたのでなんとなくわかります。
かなり環境によって届く範囲が違いますので、その辺はラジコンも同じですね。

ちなみに電波に関してこんな記事を書いたことあります。
http://peace113749.blog74.fc2.com/blog-entry-240.html
今乗っているCX-5、驚きの100mくらい届きますよ。

これって、指タッチでも出来るんだから意味ないと思うんだけど。
【 2015/06/01 】 編集
カーリモコン詳しく書いていますね、発刊出来そうですよ
普通は30m程届くが、2m程度しか届かない場所がありました
電池が減ったかななど思ったが、別の場所では問題なし、又、その場所に行くと電波が届かない--

伝助のドローの受信機はダイバーシティー方式を採用、2本のアンテナは角度を90度にして、この方式は2本のアンテナの電波の強い方を自動選択して受信します。操作器(プロポ)のアンテナは自由に角度を変えられます、周波数は2.4GHZです。更に電波が届かないと自動帰還します。GPSはドロー制御用と情報用と2け搭載しています、情報用は速度、高度、距離、電池電圧など、お蔭で墜ちた事はありません。

伝助も電話級を持っています、55年ほど前の免許、当時はHF帯送信機、受信機を真空管で自作---その後何時だったかVHF10Wトランシーバを買って車載したな---

巷でドローンの墜ちる原因は電波の状況と電池ではと思うが--配線の接続不良?--操縦の未熟---


【 2015/06/01 】 編集
コメントありがとうございました。
マルチコプターに一眼レフカメラとなればなかなか大蔵省もいい返事はくれないでしょうね。
さらには近いうちには年金の支給額が下がるみたいです。放浪児は問い合わせてわかりましたが、伝助さんはそんなことはないでしょうか?
【 2015/06/03 】 編集
年金の支給改定は止む得ないな---
平均寿命が延びるは少子化では
息子たちが年金を貰う頃は----

趣味が無ければ死人に同じ---何処で節約を--これも楽しい
【 2015/06/03 】 編集
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL