021234567891011121314151617181920212223242526272829303103

皆既月食 2014/10/8

今回の皆既月食は3年ぶりとの事であるが、長い間見ていなかったが、ブログのネタに久しぶりに見る、単に月を撮るのと異なり月の欠け具合で露出の調整が必要で難しい、綺麗に撮れていないが------ 21時前頃より雲に覆われる。

欲を言えば、いえ本当は1枚の写真に、たとえば欠けていく状態を10分間隔で連続表現出来ないかと思うが、フィルムであれば巻き戻してガチャとすれば可能であるが、デジカメの場合はどうすれば良いか、月食は2~3時間もある、1分程度と短時間であればバルブ状態にしてレンズの前で光を遮ればと思うが、誰か教えて

今回の月食は月は下側から欠けていく、太陽が沈み地球の影に成るんだものね、でも皆既食の後で右側が影に、と言う事は---我が家には地球儀の持ち合わせがなく---頭の中が混乱しています。


18時53分  月食が始まり概ね30分後   f6.3 1/30  ISO100
DSC05919 (1) 


19時18分  月食が始まり概ね1時間後 赤色を帯びてくる  f6.3  1秒 ISO100
DSC05935 (1) 


19時26分 皆既食  赤黒色 地球の大気で青色は弱まり、赤色は弱まりが少なく夕日と同じ赤色に成る。  f6.3 1秒 ISO100
DSC05941 (1) 


20時36分  皆既食が終わり月に太陽が昇る  f6.3 1/10 ISO100
DSC05961 (1) 
 
i-96i-97 まるで図鑑のような美しい写真ですね
世紀の一瞬を生で観察するのは迫力があっていいですね
昨夜は何百万人の?人が空を眺めたことでしょうi-98
【 2014/10/09 】 編集
さすがに素晴らしいですよ。

写真を重ねるにはカメラによって多重露光という機能がありますよ、ニコンの一眼レフならフィルム時代から付いていたと思います(2~3枚程度可能)。
私のカメラはキャノン(多重露光不可)ですので高価な機種しかその機能は付いていませんが、PCに取り込めば同じことが出来ます(レイヤー機能)。

これはPhotoshopのような高価なプログラムでなくても、フリーソフト(無料)に同じ機能を持ったソフトはたくさんありますよ。
例えばこんな風にでしょ?
http://peace113749.blog74.fc2.com/blog-entry-777.html
これは携帯アプリを使っていますけど、レイヤーと調べるといろいろ出て来ますよ。
デジタルだからこそ可能な技術なんですけど、私の場合、頭の中がアナログなもんで、ハハハ(^^ゞ。
【 2014/10/10 】 編集
レイヤーとは初めて知る言葉
7時の時計の秒針が本当に動いているスゴーイ

伝助のアナログ頭脳は古くて理解に時間が掛かりますが---先ずはフリーで試すかな
写真の楽しみが増えそう(^^)
ありがとうございます。
【 2014/10/10 】 編集
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL