041234567891011121314151617181920212223242526272829303106

金星と木星の接近

星の事が殆ど判らないですが、金星のみわかります、木星との大接近は7月1日であった様ですが、写真は6月28日に天候がよくて偶々50mmレンズで試し撮り、その後は雨天、曇天が続いている、大阪の空は明るく(光害)撮りにくい

6月28日20時41分 西の空、明るいのが金星で側のが木星(f2.2 0.8秒 ISO6400 自宅にて)
IMG_3030-3.jpg

赤道儀を使わず撮りたいなと明るく超安価なレンズf1.8、50mmで初撮り、
綺麗な空は秋の田舎かな?、子供の頃に見た天の川をもう一度と思うが---
10501010010[2]

朝日と月---

5月13日、大阪の日の出は4時57分、撮ったのは5時10分頃で日の出より15分程経過している、伝助の地では水平線の彼方より現れる日の出を拝む事が出来ない、月の出は1時31分、南中が7時25分で、5時過ぎの月の位置は----

f4.5 1/800s ISO125 35mm換算焦点90mm
IMG-1389-2.jpg

f6.3 1/800s ISO500 35mm換算焦点400mm
IMG_1383.jpg

月食を撮る練習

曇り空が多い毎日でしたが、久々に雲が消えた、4月4日は皆既月食で、今日は予行演習、ピントを合わすのが中々難しい、綺麗に撮れない、200mmのレンズでは無理があるのは承知
APS-C、35mm換算300mmに4倍のデジタルズーム、更にトリミングで1.5倍、従って1,800mm相当、デジタル処理が合計で6倍---

4月4日の月食は20時前後で---詳しくはクリック----国立天文台のページへ

NEX5T f7.1 1/320s ISO800---解像度不良の写真ですが--- 
DSC01844 (1)
何時もご訪問と拍手を頂きありがとうございます。

月を試し撮り(2014/12/29)

先日は星座を撮ったが、中々難しい、今日は気分を変えて月を撮る事にした、午後6時ごろは曇り空で一旦諦めたが、8時頃に覗くと月が綺麗に見えて居るでは----以前に月食を撮ったが、連続に出来ずで先日知った「比較明合成」での連続変化への挑戦である。
本日午後8時の月齢は7.4日で上弦の月、満月の約半分の形、満月(約15日)を超えると下弦の月に成り、約29.5日で元の形に戻る、2015年は4月4日が皆既月食との事で----来年の事で鬼が笑うかも----

月は星座と比べ非常に明るく、光量を抑える必要がある。

カメラNEX5T APSC、設定f6.3、1/80秒、ISO100、フォーカスは手動で---210mm望遠(35mm換算315mm)へ超解像ズーム2倍、更にトリミングで2倍で1260mmの望遠相当、デジタル4倍で綺麗さに欠ける画像---(21:23)
DSC08447 (2)

カメラNEX5T APSC、設定f6.3、1/80秒、ISO100、フォーカスは手動で---43mm(35mm換算64mm)へトリミングで1.3倍で83mm相当---5分毎の変化(20:06~)
NEX5Tにはタイムラプスのソフトを導入、タイマーは1~60秒の設定が可能で、60秒の設定で60枚を撮影して5分毎の撮影分を選んで比較明合成をした---月は上から下に移動している、カメラの向きが悪かった----月食でなく残念---
output_comp3 (1)


比較明合成 ←クリックでオッサンの独り言の中森さんのBlogへ行きます---ありがとうございます。

今日も星座撮影の勉強

昨日、一昨日も曇り空で星は見えず、今日も薄い雲なのか一寸綺麗に欠けるかな?、でも試し撮りをと---簡単そうで難しい。
別の話ですが---今日は素晴らしいBlogに出会いました、一寸弄って「星が綺麗に見えるのは明日と言う日が輝いているから」勝手に弄って使いました----「輝いている」この文面にひかれまして---オリジナルさんごめんね----

全て NEX5T 標準ズームで最大広角16mm、f5.6 15秒 ISO感度のみ変更---南東の空に向かって---

ISO 400
DSC08361.jpg

ISO 800
DSC08359.jpg

ISO 1600
DSC08360.jpg

ISO 3200
DSC08362.jpg
伝助の目ではISO600~800の間かな、カメラは凄いISO3200にすると沢山の星が、街がもう少し暗いと更にISOを上げられそう----露出、感度はどれが最適なのかな?

星座撮影 失敗の巻

冬は空気が澄んで星座も輝く、初の星座撮影に挑戦
我が地は住宅が混んでおり、ベランダもガレージもプラ貼りで、街路灯の明かりもある庭の片隅へ三脚を---
中学生の頃かな--唱歌冬の星座「木枯らしとだえてさゆる空より---オリオン舞い立ち--」思い出す 音痴では誰にも負けない伝助---方位 東南 21時30分~22時10分--オリオンの方向かな?
カメラを撮影設定したが 40分程度掛かる為に待ち時間で書いている。
---------------------------------------------------------------------------------------------------
カメラソニーNEX5Tへ「スタートレイル」をインストール 標準ズームで最大広角16mm f4.5 ISO640 5秒*480枚
20秒の動画に成ってしもうた---静止画の480枚は残っていない--残念
燐家と電柱がはいっている、電柱のそばが明るいのは街路灯---試運転ですから勘弁
 

別の方法を考えよう---

皆既月食 2014/10/8

今回の皆既月食は3年ぶりとの事であるが、長い間見ていなかったが、ブログのネタに久しぶりに見る、単に月を撮るのと異なり月の欠け具合で露出の調整が必要で難しい、綺麗に撮れていないが------ 21時前頃より雲に覆われる。

欲を言えば、いえ本当は1枚の写真に、たとえば欠けていく状態を10分間隔で連続表現出来ないかと思うが、フィルムであれば巻き戻してガチャとすれば可能であるが、デジカメの場合はどうすれば良いか、月食は2~3時間もある、1分程度と短時間であればバルブ状態にしてレンズの前で光を遮ればと思うが、誰か教えて

今回の月食は月は下側から欠けていく、太陽が沈み地球の影に成るんだものね、でも皆既食の後で右側が影に、と言う事は---我が家には地球儀の持ち合わせがなく---頭の中が混乱しています。


18時53分  月食が始まり概ね30分後   f6.3 1/30  ISO100
DSC05919 (1) 


19時18分  月食が始まり概ね1時間後 赤色を帯びてくる  f6.3  1秒 ISO100
DSC05935 (1) 


19時26分 皆既食  赤黒色 地球の大気で青色は弱まり、赤色は弱まりが少なく夕日と同じ赤色に成る。  f6.3 1秒 ISO100
DSC05941 (1) 


20時36分  皆既食が終わり月に太陽が昇る  f6.3 1/10 ISO100
DSC05961 (1) 
 

中秋の名月

本日9月8日は中秋の名月、でも満月は明日、久々の雲一つない空、中秋の名月は9月中旬から末に多く、こんなに早い中秋は珍しい、去年は9月19日、来年は9月27日との事


18時58分撮影
コンパクトデジカメ ソニーAW350
DSC00133 (1)

9月8日19時32分撮影
ミラーレス一眼 ソニーNEX5T 、f11、 1/100s、ISO100 
望遠35mm換算 315mm、全画素超解像ズーム2倍、トリミング3.0倍で焦点1800mm相当

DSC05555 (1)

9月17日3時50分撮影
ミラーレス一眼 ソニーNEX5T 、f8、 1/60s、ISO100 
DSC05686 (1)

光学315mmの限界か? スッキリしない 6倍もデジタル引き伸ばしで---- 

花火大会

学生たちの夏休みも明日で終わり、本格的な夏の終わりとも言えるかな、先日まで続いていた蒸し暑さも和らぎ、花火を見る海辺は風があり涼しい---涼しさが続いてほしいな---関西空港の対岸のりんくうの花火を撮ってみた。

花火を撮るのは初めて、ピントを手動にして観覧車にピントを合わせ花火の方向を向けた、最初は明るすぎ、暗すぎであったが、絞りはf16程度でシャッターは4~6秒、感度はISO100が良さそうであった。

明るい花火は海面に反射して綺麗さが増幅される。

DSC05394 (1)

DSC05437 (1)

DSC05400 (1)

DSC05446 (1)

DSC05449 (1)

DSC05482 (1)
右側に観覧車が見えますが、この高さは85mで、花火の頂点は600mを超えて---他にもっと高い花火があったかも---