071234567891011121314151617181920212223242526272829303109

臨時の撮り鉄

JR京都桂川駅で下車すると、カメラを持った撮り鉄が---何が来るのと尋ねる--3月に引退したトワイライトエキスプレスの臨時ツアー号として再登場の3回目、伝助も臨時の撮り鉄に、後で調べると下関~琵琶湖一周~京都への列車--7両編成で客車は4両、他にロマンスカー、食堂車、乗務員車、など客定員10名/車両で計40名--料金はビックリ--6月2日14時05分に通過
料金など詳しい情報はここをクリック
DSC02277.jpg
EF65-1133機関車 昭和53年に誕生 直流1500Vで走る 

妖怪電車が走る

南海電鉄の本線は大阪難波~和歌山市間を走る---途中に南海電鉄の営業する「みさき公園」があり、そこで妖怪ウォッチランドのイベントが3月14日~6月の28日まで開かれている、その宣伝の為か?、特急サザン5編成の内の1編成で1日に5往復の妖怪電車が走る。
今までにも2度妖怪電車と出会ったが、タイミングが悪く---一寸遅きであるが、今日は樫井川鉄橋で待ち構えて撮った。
川辺は黄色い絨毯が一面に、鳩も亀も居心地最高と言っていました。

DSC02027-3.jpg

IMG-1810-2.jpg

DSC02020.jpg IMG-1822-2.jpg

次の2枚は5月8日和歌山市駅で撮影
DSC01995-2.jpg

DSC01991-2.jpg

夕暮れの離陸

5月2日の夕暮れ時、日没は18時43分であるが、9分前の18時34分の風景、太陽の速さは時速1600km程度かな、飛行機の2倍、一寸太陽と同じ速さで飛ぶのは難しいが追いかけてみたいな----、
ISO1250、1/3200秒、f5 100mm(35mm換算160mm)
IMG-1190-2.jpg

日没直後のお月様、離陸の写真を撮った帰りに綺麗さに惹かれ(月齢13.3日)、
月を撮る心算が無く、手持ちで、ブレないかなと思いで、ISOを1600迄上げて1/1000秒、f5.6 250mm(35mm換算400mm)をトリミングで4倍に
ISOを上げたのとトリミングでノイズが---
IMG-1201-2.jpg

又 手を出してしまった、超安値で55~250mmをGET、一寸遠くまで撮れるかな---AFも静かで手振れ補正もあり、375gと軽い、既存18~135mmで一寸不足をカバー
EOSレンズ

家路に急ぐ頃

久しぶりに晴れた空、遅い食事後に空を見ると月が沈む寸前、右上に微かに見えるのは金星です、場所は京都の桂川の近くで光害の影響で星は僅かに見える程度---電車はJR京都行--撮影22日21時40分
IMG_0932 (2)

星が綺麗に見える所へ行きたいな---
では又

撮り鉄に一寸変身

桂川駅に着くと撮り鉄らしきカメラが沢山並んでいる、なんだろうと尋ねると京都の博物館に入る電車が10分程(桂川駅を15時46分に通過)で来るとの事、持ち合わせのコンデジで撮ったまでは良いが、何処で走った電車なのか聞くのを忘れた(-.-)、でも観た事がある---くろしお、雷鳥、白鳥-???--誰か教えて---
撮り鉄さんはどの様にして情報を得るのかな?

何枚か撮ろうと思ったが、撮ったと思うとカメラ内の画像処理で時間がとられ電車は通り過ぎてしまった、後ろの目的車が柱に隠れて---
DSC01713 (1)

「護衛艦はたかぜ」堺泉北港で公開

新聞を見ていると護衛艦はたかぜが堺泉北港で今日、明日公開とある、早速9時の南海電車で--堺駅に着くと自衛隊所用と思われる小型バス4台が対応で殆ど待たず、10分程度で港に着く

小さな子供から年配の女性も沢山の人、本日の来場は5,000人を見込み、帰りには来年のカレンダーまで頂き、若人達は自衛官募集のパンフレットに列をつくっていた。

「護衛艦はたかぜ」は1986年就役、全長150m、全幅16.4m、ガスタービンエンジン4基を備えで7万馬力の2軸推進、基準排水量は4,600トン、最大30ノット、乗員230名
DSC06154 (1)

左写真:奥側には乗船梯子、手前は下船梯子 右写真:後部のヘリコプター甲板付近---
DSC06140 (1) DSC06178 (1)
 

左写真: 5インチ(125mm)単装砲(後方にもあり、計2門) 右写真:艦対空ミサイル発射台で下部にはミサイルが収納されている
DSC06160 (1) DSC06163 (1)
 
対潜ミサイルは魚雷の後部にロケットモーターを有し空中を飛行して、途中で切り離され海中へ、そして魚雷のみとなり約9kmの遠方まで即応できる
DSC06156 (1) DSC06164 (1) 
 
左写真:艦対艦ミサイル(左甲板にもあり計6筒)射程150km  右写真:短距離魚雷で圧縮空気で発射される
DSC06172 (1) DSC06174 (1)
 
記述に間違いがあるかもしれません、他の資料で確認願います。

自衛隊の皆さん、ありがとうございました、又 日頃の活躍に感謝します。

梅小路蒸気機関車館にて

今日は平日ですが孫は休校日、伝助も少年に-- 子供の頃は蒸気を吐いて「シュッポシュッポ」走る機関車の勇姿に感動した---大昔の話です。
京都駅の近くに梅小路機関車館が--昭和47年に日本の鉄道100周年を記念して開業、珍しい沢山の機関車が並ぶ
写真最終部の9633型は国産オジリナル設計の本格的な蒸気機関車で100年も前の製造、凄い技術である (写真に説明文)
参考 「 日本の蒸気機関車史 」Wikipedia

DSC04014.jpg DSC04042.jpg  DSC04033.jpg DSC04050.jpg  
DSC04054.jpg  DSC04053 (1)
 
今日も歩数10,000歩

南海電鉄の赤いラピート号

所用で帰宅時、南海電鉄難波5番線の区間快速へと足を早めたが、関空行の9番線ホーム手前の人だかり、野次馬根性を露わに、見ると皆さんカメラ持ち--ニュースで見た赤いラピートが脳裏に閃いた--2分も待つと赤い勇姿が--携帯電話のカメラで瞬間撮り鉄に変身した。
南海電鉄は関空特急20周年を記念して人気アニメ「機動戦士ガンダム」のイメージで登場

DSC_0028 (1)

DSC_0029 (1)

子供の頃は蒸気機関車の力強い「しゅぽ、しゅっぽ」に魅せられたが---
もう少し横から撮れば---
昨日は携帯電話カメラを試した所でしたが、本日役立ち--昨日の花よりは綺麗に撮れている感じがするが

泉州航空神社にお参り

空の安全の神様が近くに---鳥居にはプロペラが ---伝助のラジコンも安全にと願う     
DSC02826 (1)
 
DSC02830 (1)
小型であるが本物の飛行機とヘリもある
DSC02832 (1)
DSC02839.jpg
DSC02845.jpg  DSC02838.jpg
 


沢山の模型も所狭しと並んでいる、ラジコンで飛ぶ飛行機、飾り用の模型といろいろと (写真はその一部分)

DSC02836.jpg DSC02837.jpg
 
DSC02842 (1) 
泉州航空神社ページへ




マルチコプターで航空撮影

 伝助のマルチコプターは6枚のプロペラを使い、各々プロペラへ回転数の異なる信号を送信機より電波で送る事で上下、左右、回転など自由に動かす事が出来、又 カーナビでお馴染みの人工衛星のGPS電波を受けて位置情報を維持し、風が吹いても殆ど影響を受けない、離陸場所よりの高度、距離、水平速度、上昇速度なども送信機側で把握する事が出来る。又 遠くへ行き過ぎて目視操縦が出来なく成った場合にはGO Homeの信号を送れば自動的に離陸場所に戻る、然し飛行機&ヘリと異なり競技向けでなくアクロバットなどは出来ず面白みに欠け専ら空撮である、でも計画~完成までが(^-^)です。

ネット販売で有名なアマゾンが類似機種で配達を検討中 (赤色部クリックでニュースへ)


本日は高度100mでラジコン飛行場付近を空撮をした、カメラの角度も遠隔操作が出来るが本日は下向き15度、画面の揺れがあり対策が必要
DSC02604 (1)


夜は少年(心が)達で忘年会(^-^)
P1040281 (1)

NEX 5TY その2 望遠×デジタルズームを試す

望遠レンズを使いボケによる美しさを楽しむ、遠景を撮るなどがあるが、本日は後者を---海岸より5km先の関西空港を覗いた、 前回その1では標準×デジタルズームを試した
レンズはNEX 5TY付属のSEL55210 記録画素数7Mピクセル
望遠(標準315mm相当) ×デジタル2.8倍(全画素超解像)=880mm相当で---

綺麗とは言えない--5km先では--大気の汚れ?、スッキリしない
DSC01768.jpg
f7 1/500s ISO 100 (離陸)

DSC01822.jpg 
DSC01828.jpg
f9 1/800s ISO 200 (着陸)