0512345678910111213141516171819202122232425262728293007

泉南市のバラ園

昨夜からの雨は昼前に上がり、赤いバラ、黄色いバラ、橙色のバラと色どりどり、どのバラも雨滴を含んで輝きを増している、嬉しそうだ。(5月13日昼頃)

見ごろなどはクリックしてね⇒⇒ バラ園の詳しくは

1-5130012.jpg

1-5130050.jpg 1-5130036.jpg

1-5130052.jpg 1-5130019.jpg

1-5130067.jpg 1-5130025.jpg




瀬戸内の夜と朝

前回に続きの瀬戸内です、夕方には雲り空で星空を撮るのを諦めて工場夜景撮り就寝したが、夜中に目が覚めると星が見えるじゃないか---然し工場などの影響なのか明るくて多くを捉えるのは難しい、では円を描く星座は---カメラを据えるベランダは北極星の方向ではなくて南東の方向なのだが---でも撮ってみるか---南の中心は地球に潜って見えない----そして東の空に朝が来た。

P出力2

S4280322.jpg

工場夜景(揖保川河口)

姫路と赤穂の中間あたりの海岸から、遥か向こう揖保川河口?に工場らしい景色(地図で確認8kmの距離)を発見、目視では分からないが望遠レンズが捉えた、4枚をパロラマにしたいが---。
OlympusEM5markⅡ焦点100mm×デジタル2倍≒標準換算400mm
2-4270047.jpg

2-4270048.jpg

2-4270049.jpg

2-4270050.jpg

姫路城

明日(4月27日)は快晴かな--姫路の方にでも行ってみるか--残念ながら雲一面でした、でも雄大な姫路城は眩しく輝き、庭園には見て頂戴とばかりに綺麗な花々が咲き誇っていた。(前回 2013/11 改修工事中に行ったが---)

1-4270013.jpg

1-4270021.jpg

1-4270017.jpg

1-4270033.jpg

1-4270013_2017042819390545b.jpg

夕陽に魅せられて

何時も通る交差点、信号待ちで止まると、そこには真赤な夕陽が、当日はカメラの持参がなく、翌日に撮りに、そこには太陽にカメラを向ける姿があり、その姿があるのが良いのか、無いのが良いのかと思案したが、太陽が沈むまで姿が消える事がなかった.
1-4240008.jpg

太陽と風に魅されて

昨日(4月22日)夕刻も一寸雲があるが真赤な太陽、スマホを太陽に向ける人、ただ眺める人、太陽を眺めながら釣りを楽しむ人、そして風が強くウインドサーフィンを楽しむ人---関空対岸では様々なドラマがある。
1-4220004.jpg

1-4220003.jpg

1-4220019.jpg

月と桜

先日は日本中を駆け巡った春の嵐、桜も終わったかなと思ったが、遅咲きが残っていました、昨日(4月20日)の朝方に月と仲良くの所を---
2017-4-20.jpg

志摩半島の夕陽と星

旅の前日までは雨模様が続いていたが、旅の当日(4月13日~14日)は快晴、志摩半島より眺めると略真西に沈む真紅な太陽--眺める間もなく沈んでいく、同じ場所より夜空を眺めた、写真は約1時間で200枚を合成している、北極星を入れたかったが建屋が邪魔をした。不明な点線が入っているが飛行機の軌跡と思われる。
静止での輝く星空をと思ったが、真西は奈良&和歌山の方向で意外と明るく、流れる星空となった。

4-4130015.jpg

5-493.jpg
【 2017/04/17 】 個人での旅行 奈良 | TB(0) | CM(4)

九度山の鯉

高野山への入り口で九度山町を流れる丹生川と紀の川の合流点近くの空に鯉が元気よく泳いでいる、直近には最近出来たと思われる大きく綺麗な道の駅があり、そこに駐車させて頂き、桜と鯉で見事な眺め----

1-4130105.jpg 1-4130098.jpg

1-4130099.jpg

1-4130041.jpg

桜が満開の山中渓

山中渓とは大阪の天王寺から和歌山への中間あたりで各停の駅がある、昨日は(4月9日)は久々の天候に恵まれ訪問した。
普段は無人駅と思われるが、花見での下車が大勢、駅員さんも2名でも忙しそう、伝助も入場券を買って構内へ---

22-4090001.jpg

2-4090047.jpg

2-4090062.jpg

2-4090094.jpg

2-4090188.jpg